鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)

軒天換気材

商品バリエーション・お気に入り登録は
こちらからご確認ください

お気に入り登録はこちらから

家の隅々にまで空気を通すため

木造住宅は常に湿気との戦いです。木造という家の作り方では、壁の層を増やすことで多くの機能を獲得してきました。例えば、家の強度を強くするために合板の層を増やしたり、燃えにくくするために不燃材の層を増やしたりといった様々な機能が追加されていきました。「通気層」=「空気を通し湿気対策をするための層」もその過程で生まれてきたものです。しかし、これらの層を追加したことによって機能は増えたものの、通気のための出入口にパーツを取り付ける必要が出てきました。これらの通気のためのパーツ、「通気部材」と呼ばれるものは外観のデザインに少なからず影響をもたらしています。

軒天換気材の役割

「通気部材」と呼ばれるもののひとつが「軒天換気材」です。軒天換気材とは、屋根の端部、外壁との交点に取り付けられる、小屋裏や壁の内側に空気を通すための部材です。小屋裏は家の中で最も太陽に近いところであり、さらに、温かい空気は上昇して小屋裏に集まっていくため、特に空気の入れ替えが必要な場所になります。そのため、軒天換気材には空気を通すための穴がたくさん開けられています。ただ、屋根に近いところに空気を通す穴があるということは、その穴からは雨水も侵入しやすいということ。軒を外に伸ばせば雨が吹き込む心配は少なくなりますが、軒を出さないデザインの時も考えたいですよね。

鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)の特徴

「鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)」は、空気は通し雨水は吹き込まないように考えられた設計となっています。軒を出さないデザインでも安心を手に入れたい。その要望に答えてくれる製品です。破風(ハフ)とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。破風の主な役割は雨と風を防ぐことにありますが、この製品は「破風レス」。つまり、破風が無くても雨や風を防いでくれるようになっています。この破風が 無くなることで、外観がよりすっきりとしてくるのです。また、「鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)」は、最小限の大きさのためカバーの見付(高さ)を小さくすることができます。軒天換気材がスリムになることで、屋根を薄く、エッジを美しく見せてくれます。

通気部材まで気にされている施主はまだ少ないと思います。是非これからの家づくりのスタンダードに。検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

Noizless COLUMN」では、城東テクノ株式会社企画部門の西岡さん、開発部門の吉冨さんに開発秘話や製品への想いをインタビューさせていただきました。製品を深く知るために、ぜひこちらのコラムもご覧ください。

→COLUMN 作り手の気持ち:性能を高めながら、存在感を消していく。ミニマルさを追求した水切り&換気材


 

目に見えない安心を

手に入れると

屋根は軽やかさを

手に入れられる。



家の隅々にまで空気を通すため

木造住宅は常に湿気との戦いです。木造という家の作り方では、壁の層を増やすことで多くの機能を獲得してきました。例えば、家の強度を強くするために合板の層を増やしたり、燃えにくくするために不燃材の層を増やしたりといった様々な機能が追加されていきました。「通気層」=「空気を通し湿気対策をするための層」もその過程で生まれてきたものです。しかし、これらの層を追加したことによって機能は増えたものの、通気のための出入口にパーツを取り付ける必要が出てきました。これらの通気のためのパーツ、「通気部材」と呼ばれるものは外観のデザインに少なからず影響をもたらしています。

軒天換気材の役割

「通気部材」と呼ばれるもののひとつが「軒天換気材」です。軒天換気材とは、屋根の端部、外壁との交点に取り付けられる、小屋裏や壁の内側に空気を通すための部材です。小屋裏は家の中で最も太陽に近いところであり、さらに、温かい空気は上昇して小屋裏に集まっていくため、特に空気の入れ替えが必要な場所になります。そのため、軒天換気材には空気を通すための穴がたくさん開けられています。ただ、屋根に近いところに空気を通す穴があるということは、その穴からは雨水も侵入しやすいということ。軒を外に伸ばせば雨が吹き込む心配は少なくなりますが、軒を出さないデザインの時も考えたいですよね。

鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)の特徴

「鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)」は、空気は通し雨水は吹き込まないように考えられた設計となっています。軒を出さないデザインでも安心を手に入れたい。その要望に答えてくれる製品です。破風(ハフ)とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。破風の主な役割は雨と風を防ぐことにありますが、この製品は「破風レス」。つまり、破風が無くても雨や風を防いでくれるようになっています。この破風が 無くなることで、外観がよりすっきりとしてくるのです。また、「鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)」は、最小限の大きさのためカバーの見付(高さ)を小さくすることができます。軒天換気材がスリムになることで、屋根を薄く、エッジを美しく見せてくれます。

通気部材まで気にされている施主はまだ少ないと思います。是非これからの家づくりのスタンダードに。検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

Noizless COLUMN」では、城東テクノ株式会社企画部門の西岡さん、開発部門の吉冨さんに開発秘話や製品への想いをインタビューさせていただきました。製品を深く知るために、ぜひこちらのコラムもご覧ください。

→COLUMN 作り手の気持ち:性能を高めながら、存在感を消していく。ミニマルさを追求した水切り&換気材


 

目に見えない安心を

手に入れると

屋根は軽やかさを

手に入れられる。



鋼板製 軒天換気材(軒ゼロタイプ 破風レス対応)

軒天換気材
商品詳細

¥8,800/本
1820mm
品番 FV-E055-L18
材質 カラーGL鋼板
入数 6本/ケース
備考 有効換気面積100c㎡/m

ホワイト
FV-E055-L18-WT
¥8,800 /本 (税込)
ブラック
FV-E055-L18-BK
¥8,800 /本 (税込)
こちらの建築パーツの技術的な仕様や情報、お問い合わせ先

城東テクノ株式会社

0120-106011
家づくりは普通の買い物と明らかに違うところがある。 それはお金を払うのは自分だけど、購入するのは施工会社になるということ。 買いたいものの商品名だけを施工会社に伝えると、施工会社は品番を調べることになる。品番だけ教えるとどんな色なのか、どんな形状なのか調べることになる。この別の人が「代わりに調べる」という作業を何百というパーツで行えば、イメージの共有が億劫になったり、完成した家に違う商品が付いているなんてミスが起きてしまうことも容易に考えられる。 そこでNoizlessでは自分が気に入った商品を「お気に入り」に登録すると、登録したものを自動でリスト化し、施工会社や設計士にメールで共有することができるシステムを作った。 メーカー名、商品名、色、品番、サイズ、そして商品の画像をまとめて送ることができる。情報を施工会社や設計士が見ることで、簡単にそして正確にイメージを共有することができる。 コラムや商品ページを読むことで、建築パーツについて深く知り、「お気に入り」を楽しみながら選択することで、あなたにとっての理想の家のイメージをしっかりと作り手に伝えることができる。 きっとこのツールを使ってノイズのない家づくりの打合せができれば、Noizlessな家が手に入るだろう。

01 お気に入りの建築パーツを選ぶ

ITEMにはNoizlessがセレクトした建築パーツが、それが選ばれたエピソードなどとともに紹介している。 またCOLUMNには、建築パーツや家づくりをより深く知るための情報を掲載。

02 採用したいものをリスト化

お気に入りした建築パーツは、リストで管理できる。 検討中のリストや工務店に共有する用のリストを作って整理。

 

03 工務店にメールで共有

※会員登録が必要です

工務店にリストを共有することで、品番や色の共有がスムーズ。 コミュニケーションが円滑に進む。

 

関連商品

WM垂れ壁用スリムオーバーハング

WM垂れ壁用スリムオーバーハング

オーバーハング通気
詳しくみる
WM防鼠付シャープ水切り

WM防鼠付シャープ水切り

土台水切り
詳しくみる
耐外風ベントキャップ

耐外風ベントキャップ

ギャラリ(壁汚れ低減・ワイド水切タイプ)
詳しくみる

最近チェックした製品

おすすめのCOLUMN